【FUJIYA通信】第13号~新年明けましておめでとうございます! | FUJIYA HAWAII Official Website

【FUJIYA通信】第13号~新年明けましておめでとうございます!

FUJIYA中島です。
 
日本ではもう1月2日だと思いますが・・・、
明けましておめでとうございます!
 
今回のFUJIYA通信は、FUJIYAにとって年間を通じて
最大のイベントである年末商戦の振り返りをしたいと思います。
 
 
今年の年末商戦期は、本当に大変でした。
 
設備の老朽化が進んでいるのは元々覚悟していたものの、
想像以上の、ほぼありとあらゆると言っていい設備機械や
什器等が、よりによってこの一番忙しい時期に次々と
故障・破損してしまい・・・、
 
莫大な修理費が痛いのはもちろんのこと、
オーダーに応えるだけの生産量を確保する稼働が取れないことによ
機会損失も大きく、残念でした。
 
特に、年末の4日間しか製造期間が無い「生餅」を作るのに欠かせない
ボイラーの調子がずっと悪く、一時はもう今年は作れないかも・・
と諦めたくらいです。
と言いますか、正直にここだけの話で言うと、作れない方が、あの地獄のような
製造作業を今年はやらなくて済むからいいかも・・・、と思ったことも事実です。
私は元来、自分本位の考えしかできないので、
今までの自分なら絶対に諦める方を選んでいたと思います。
 
ただ、60年の歴史を持つFUJIYAの商品を心待ちにしているお客様が沢山いる
ということから逃げることができず、
元々の私には決定的に欠けていた、人のために何かをしたい、しなければいけない
と心の底から思うことができるようになったんでしょうか・・・、
最後の最後まで諦めず、あらゆる復旧手段をもがき苦しみながら
考え続けたことで、FUJIYAの神様がまだ見捨てず助けてくれました。
 
最終的には、文字通り奇跡的に、生餅製造開始日の前日にボイラーが復旧し、
なんとか生産することができました!
 
実際には、生餅製造期間中にも色々な設備機械が故障してしまい
オーダー全量に応えるだけの生産はできなかったものの、
去年並の生産量はなんとか確保することができました。
毎年FUJIYAの生餅を楽しみに待ってくれているロコのお客様に対して、
最低限の責務は果たせたと思い、今は心からホッとしています。
 
 
この戦場のような半端ない修羅場になる年末商戦、
特に生餅製造のラスト4日間を乗り切るのは、
私のような生粋のナマケモノには本当にきつく、
「ああ、これが本当の人生の修行なんだな。」と思える程なのですが、
今年はこのFUJIYA通信の読者の中から2名、お手伝いして頂けると
手を挙げてくれた神様のような方がいたため、本当に大変助かりました。
 
また、お金を払って雇っていてもサボったり来なかったりする
南の島特有(でもないですが)の気質のロコが少なくない中、
仕事帰りに、しかも完全ボランティアで、アキラ男1人で大変だろう?
と言って夜中に手伝ってくれたロコの知人もいました。
 
マッチョで陽気な男3人組に英語で餅の製造工程を教えるのは大変難儀し、
逆に邪魔?みたいに思った瞬間(笑)もありましたが、
スムーズに作業が流れ始めると私は少し休むことができ、
見た目の屈強な外見からは想像もつかないくらい、天使に見えました~。
 
結果として、ハワイに来てFUJIYAを継いでから2度目の年末商戦でしたが
昨年よりは私も睡眠確保でき(昨年は、年末4日間ほぼ不眠不休でした・・・)、
スタッフにも特に怪我などなかったのがなによりです。
 
一方私自身は、火傷や内出血など、やはり去年に続きあちこち負傷してしまい、
全身の筋肉痛も、去年同様、交通事故に遭ったくらいのダメージでしたが・・・、
半日くらい寝続けて、今はもうだいぶマシになりました。
 
 
・・・とまあ、色々と苦難の多い年末の1ヶ月でしたが、
終わってみると全て良い経験に思え、
この全身の疲労感すら心地良く思えてくるから不思議です。
 
 
 
人間本当に最後まで諦めずに頑張れるのは、
利己的ではなく、本物の利他的な心やモチベーションが根っこにあるから。
 
最後まで諦めなければ、何かきっと解決手段や改善策はある。
 
その時死にそうなほど辛いと思うことも、
後になってみると実は大して辛いことではない。
 
この3つ、巷のよくある自己啓発系の話では当たり前のように
出て来る言葉ばかりですが、今回の年末商戦を通じて、
これらの言葉の持つ意味が骨の髄まで浸透し自分のモノにできたことは、
私自身の人生にとっても貴重な財産になったことと思います。
 
 
人のためにと、奉仕や自己犠牲の精神に思えるような行動でも、
結果的には自分のためにもなるんだな。
 
という、晴れ晴れとした気持ちで元旦を迎えられたことに感謝です。
 
 
FUJIYAと接点のある全ての皆様にとって、
今年一年が良い年となるよう、心より願っております!